メモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白環境


最近学校の方で取り込んだ画像をプログラムでいじる機会があり、ウェブカメの映像もいじれると知ったので試しにやってみました。
処理落ちのせいかフレームレートが大変なことになってますけど(笑)

画素値の赤が青と緑足したものより大きくて150くらいあるもののみ元の色で、それ以外は白で表示するという感じのプログラムを書いたらこんな感じになりました。
使ったウェブカメがパソコンに内蔵されてる奴だったから出来なかったけど、これマスターハンド環境でとったらもうちょい綺麗に出来たのかなと思いますね
この設定だと赤に近い色以外は消えるんで白とか黒一色のペンを使えばペンを回している時の指の動きだけをキャプチャすることもできるんじゃないかなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WTの一回戦の結果が出ましたね。
JEBも多くの人が二回戦に上がれて何よりです。
審査についてはいろいろ言われてるみたいですが自分はEaseさんが二位通過だったこと以外は特に違和感なかったですね。

ただ今年の海外勢はネタありきの予選通過という感じでネタがないとうまくなさそうな人が結構いたのが気になりました。
例えばsupawitやs777、a13xとかは素の上手さを兼ね備えつつすごいこともやるといった感じなので普通に回してる時もうまいと思うんです。
でも今年の海外勢はそれを感じさせる人がほとんどいなくてみんな伏せシメアラ?を適当にぶっこんでる感じしかしませんでした。
DグループのHaNaだけは非常にうまい使い方が出来てたかなと思います。

JEB勢ではWattoさんが一番気になります。
Wattoさんは技自体はSlofisさんと似てましたが構成は独特の良さがあったので今後どうやってSlofisさんと差別化していくのかが楽しみです。
あとMenowaさんが非常に苦しそうだったがちょっと気になりますね
まあともかくJEB勢の人は頑張ってください(`・ω・´)

今回はこんなところで
ではでは〜



スポンサーサイト
好きな環境
FSを撮る上でもっとも重要なものは環境だとおもいます。
環境が悪いと大抵の技はうまく見えませんし、逆にいいと基本技でもかっこよく見えるからです。
あと環境がいいとうまく見える分撮ってる時テンション上がりますしね(笑)

環境はいくつかの要素で作られます。
まず基本としてアングル、色、違和感のなさがあります。
アングルは言うまでもなくカメラの角度です。
色はペンと机の色、あとは服の色や照明の組み合わせですね。
違和感は色の組み合わせが悪い時や気が散るものがあるとき出てしまいます。
これらが整っている環境はとりあえずいい環境だと言えます。

これだけでも見てる分には問題ないのですが、自分が好きな環境は次の要素も備えているものです。
・日常感
・雰囲気
日常感は言い換えると「ペン回しの動画を撮るために作られた場所」という感じが出ていないことです。
例えばマスターハンド環境の場合、最初の基本の要素はほぼすべて揃えているんですがどうしてもペン回しのために作った背景と考えてしまいます。
するとそこで「これはペン回しのために作られた背景だな」と一瞬考えてしまいFSに集中しづらくなります。
ペン回しって元々は机の上で回しているはずなので、日常に近い感じがあると違和感がなくて好きです。

雰囲気はその環境のテーマみたいなものです。
例えば最近のIrisさんはスタイルがコリアンでかつ環境全体の雰囲気もアンティークな感じになっています。
すると10秒程度の動画で一つの世界が作られているように感じてすごくかっこよく見えます。

この2つが揃ってる環境はみててすごくいいな〜と思います。
自分の場合、1p2hなので雰囲気も作りづらいですし日常感もスタイルのせいで出しづらいので憧れます。
いくつか自分がいいな〜と思った環境を紹介します。

まずは上で例に出させていただいたIrisさんの環境です(30秒付近からのもの)

上で挙げたようにアンティークな感じが凄く好きです。
あとは日常感がすごくするところも好きな要因のひとつですね〜

次はaonekoさんの環境です。

こちらは全体的な色が白に統一されていて、Irisさんとは違った雰囲気が出ていて好きです。
上にちょこんと置かれた本が日常の感じを出していていいと思います。

お次はturugiさんの環境です。

turugiさんのスタイルは静かにオシャレという感じで環境もそれに合わせた落ち着いた雰囲気になっているのがすごく好きです。
あとはペンが綺麗に見えるところもまた更にオシャレですごいです。

最後はちょっと変わってFPSBのA13xです。

こちらはいままで言っていた日常感があまりないんですが、それをものともしないような雰囲気があります。
魚眼レンズ?による不思議な感覚とすさまじい難易度の大技、小技がほかの人には作れない独特の雰囲気を出していてすごく好きです。
正直これをみて魚眼レンズほしいな〜とか少しだけ思ったりしましたね。

とりあえずこんなところです。
こんなおしゃれな環境で自分も一度は回してみたいものですorz

----------------------------

海外のCVに出たのでそちらの動画も貼っておきます。

前に3つFS提出していて2つは自信作と言ってましたが、これはそのうちの自信がないやつです( ̄ω ̄;)
説明文でも言ってましたがこれ過去に公開されたFSのオーダーほぼそのまま使ってます。
その時は無名だったので分かる人いないと思いますが、JEBTの時のオーダーを使ってます。
相手が海外の人だったのと、メールで私を失望させないでくれ的なことが書いてあって妥協の結果これを提出しました。
次からゲストに出るときは撮りためたFSがあるときにしようと思います。

今回はこんなところで
ではでは〜
スタイルの完成形
最近自分のスタイルが両手を始めた頃に思い浮かべていた完成形にほぼ到達したんじゃないかと考えるようになってきました。
0+4thやJapEnのFSは自分の思い浮かぶ理想のスタイルになったと思ってます。
ただそれまであった目標がなくなった分、モチベーションが最近下がり気味になってきてますね。

自分が両手のスタイルにハマったきっかけに新しい分野を開拓していく面白さというのがありました。
でも今の自分のスタイルで使える両手の技はだいたい使い尽くしたと思っていて新しい技とかはほとんど作れなくなってます。
そのせいかびっくりするくらい撮影するのが辛くなってきましたorz

一度スタイルが完成形になるとそれを進化させるのはかなりキツイと思います。
ちょっと前にソーを組み込んだFSを撮ろうとしたんですけど普段使ってる技、環境とびっくりするくらい相性が悪くて断念したことがあります。
スタイルを一度完成させたあとにさらに進化させる人は本当にすごいです。
ある程度うまくなるとダメ出しとかも減っちゃいますし変える点も自分で考える必要がありますからね。

多分、自分はもうほとんど成長することはなくなると思いますが今年中はCVに出ることぐらいは頑張ろうと思います。
一応、今は3つのCVにゲストで動画を出したのでそのうち公開されると思います。
内2つは結構な自信作なので期待して待っててください(`・ω・´)

ではでは~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。